水耕栽培とは?土耕栽培との違いや栽培可能な作物について解説

「水耕栽培って何?」「どのような作物が栽培できるのかな?」と気になったことはありませんか?この記事では土耕栽培との違いや栽培できる作物など、水耕栽培について詳しく解説します。この記事を読めば水耕栽培について詳しくなりますよ。ぜひ最後までお読みください。

水耕栽培とは

水耕栽培とは、土を使わずに水と液体肥料で農作物を育てる栽培方法です。植物工場の多くは水耕栽培がメインとなっています。水耕栽培は次のような課題を解決すると期待されています。

  • 農作物の成長が環境に左右されてしまう。
  • 土作りに時間と労力がかかる。
  • 農作物の管理が毎日大変。

畑での栽培は外ということもあり、雨や風など天気の環境に左右されやすいです。農作物の成長が環境に左右されると、収穫量も安定しません。そこで考えられたのが水耕栽培です。水耕栽培は植物工場のように環境制御を行っていなくても、環境に左右されづらいです。

また、畑など土の栽培では良い土を作るための経験と知識、時間と労力が必要となります。対して、水耕栽培は熟練者でなくても簡単に始められ、管理も簡単です。その証拠に現在では、家庭で誰でも栽培できる水耕栽培キットも販売されています。

水耕栽培と土耕栽培の違いは?

水耕栽培とよく比べられるのが土耕栽培です。土耕栽培は畑など、土を使う一般的な栽培方法です。水を使うか、土を使うかの違いですが、水耕栽培が土耕栽培に比べて良い点は次の通りです。

  • スペースを取らない。
  • 成長スピードが速い。
  • 収穫量が多く安定。
  • 殺虫剤をほとんど使わなくて済む。

土耕栽培は昔からある栽培方法で、設備費用も水耕栽培に比べてかからないという良い点があります。しかし、大きなスペースが必要だったり収穫量が安定しないというデメリットもあります。水耕栽培はそのようなデメリットを解決します。

水耕栽培は屋内で栽培できるため、害虫の心配がほとんどありません。そのため、殺虫剤を使わず、農作物に悪い影響を及ぼす危険を減らします。

水耕栽培に向いている農作物

水耕栽培に向いている主な農作物は次の通りです。葉物野菜を中心にミニトマトも栽培できます。

  • レタス
  • バジル
  • ルッコラ
  • パクチー
  • 長ネギ
  • ミニトマト

水耕栽培の課題

水耕栽培は非常にスマートな栽培方法ですが、次のような課題が残っています。

  • 良質な水が必要。
  • 電気を使う。
  • 環境設備準備にお金が必要。
  • 栽培できる農作物の種類が少ない。

まず水耕栽培で良質な農作物を栽培するには、良質な水が必要となります。加えて栽培用のプラントなど、環境整備にお金がかかります。さらには電気も必要とするので、簡単には始めにくいのが水耕栽培の課題です。ただし、光を太陽光に頼る水耕栽培方法もあるので、電力を少し抑えることもできます

また、すべての農作物が水耕栽培で育てられるわけではありません。葉物野菜やお花の栽培には向いていますが、栽培可能な農作物の種類は限られています。これからの技術進歩で、より多くの野菜や植物が水耕栽培で育てられるようになるかもしれません。

実際に販売されている水耕栽培システム

では、実際に販売されている水耕栽培システムを紹介します。

クボタ:クボタ水耕栽培プラント

https://agriculture.kubota.co.jp/product/kanren/hydroponically/

既に所有しているビニールハウスでの栽培が可能で、自然光で栽培するので電気代がかかりません。設置方法を説明するDVDが付属しています。

エコゲリラ:アマテラス

https://eco-guerrilla.jp/?mode=f50

本格的な栽培が可能であるかつ誰でも簡単に作業できることが魅力です。簡単に自分で組み立てられ、単体1台から発注を受けています。

アーバンファームファクトリー株式会社:水耕栽培システム

http://urbanfarm.co.jp/product1

2~4段タイプの水耕栽培システムを販売しています。LEDランプ付きで天気に左右されず屋内での栽培が可能です。棚型であるため、スペースをとりません。

兵神ファーム:オンディーネVH

https://hsn-farm.com/hydroponics/

1反の面積で年間1200万円もの売り上げを出した実績があります。導入後のサポートも付いているので最新のものが苦手な人でも安心です。

株式会社ワイピーファーム:循環型栽培システム

https://www.ypf.ypole.co.jp/business3.php

環境に優しい水耕栽培システムです。養液を循環させるため、廃液が出ません。また微生物共生型であるので、土に近い環境で栽培できます。

参考サイト