CATEGORY

Uncategorized

ピンポイントな気象データが欲しい農家の味方。灌漑タイミングを最適化する、The Yield のミクロ気象観測装置を紹介します。

気温や湿度、降水量などは、同じ地域であってもわずかな地形で変化します。そのわずかな違いが、作物の生育に影響する場合も。そこで、圃場内のミクロな気象を観測するため、The Yield は小型気象観測装置 Sensing+ を発売しています。一般的な気象データに加え、水分の収支バランスを評価できるため、灌漑タイミングの最適化に役立ちます。広大な農場で灌漑水を効率的に使うことで、経営にも環境にも優しい営 […]

除草ロボットとは?草刈機との違いや国内で買えるメーカーについても調査

除草作業は、農業の作業時間の多くを占めています。そこで近年、除草を自動化するロボットの研究開発が進み、既に製品化されているものもあります。本記事では除草ロボットの利点、草刈機との違い、製品例について紹介します。 従来の草刈機の例 ラジコン草刈機(遠隔操作) 乗用型草刈機 自走式草刈機(手で押しながら操作するタイプ) 刈払機(肩にかけて使用するもの) 自律式の除草ロボットの例 水田や畑の畝間を走行し […]

播種と除草の両方を行う全自動ロボットを開発・販売するデンマークの農業ロボット企業FarmDroid社

事業概要:播種と除草の両方を行う全自動ロボットを開発 FarmDroid社は、播種と除草の両方を行う全自動ロボットを開発するデンマークの企業です。FarmDroid社の提供するFarmDroid FD20は、完全自動で播種と除草を行い、高度なGPS技術によって播種した位置を記録するため、その後の除草作業を効率的かつ経済的に行うことが可能です。 従来の有機農法では手作業によって除草が行われるため、労 […]

養蜂はAIとネットで自動管理の時代に: Beewise

今回は、Beewise社による、養蜂の自動化ロボットについて紹介します。従来の養蜂では、温湿度管理から病害虫の防除まで、多くの人の手を要します。今回のBeewise社の新技術により、養蜂を効率的に行えるようになる可能性があります。 Beewise社の概要 Beewise社は、イスラエル・HaZafonにおいて、2018年に設立された企業で、Saar Safra氏がCEOを務める、数十名規模の新興企 […]

【Octinion】ベルギー発、IoTや3Dセンサ技術を駆使した小型農業用ロボットメーカー

IoTや3Dセンサ技術を駆使した小型農業用ロボットにより、先進国の農業での人手不足を解決するOctinion社について、主力製品であるイチゴ収穫ロボットとビジネスモデル、そして今後の計画について解説します。 Octinion社の基本情報 Octinionは、IoTや3Dセンサ技術を用いて高性能・高機能な農業用ロボットの開発を行うベルギーのスタートアップです。2009年にTom Coen氏によって設 […]

収穫ロボットとは?収穫ロボットの種類やできることについて解説

「収穫ロボットって実際どんなことをするのかな?」「私の農場でも使えるのかな?」と気になったことはありませんか?この記事では収穫ロボットの説明、そして種類など詳しく解説します。この記事を読めば収穫ロボットについて詳しくなりますよ。ぜひ最後までお読みください。 収穫ロボットとは 収穫ロボットとはその名の通り農作物を収穫するロボットのことを指します。収穫ロボットは農業に関する課題を解決するために開発され […]

実際に数年以内に使えそうなスマート農業技術は何か(2020年)

最近は毎日のように農業ロボットやAIサービスが発表されていますが、実際にここ数年で現場で使えるものといえばどういうものがあるのでしょうか。農林水産省が発表している「農業経営の展望について」(PDF)から予想をしてみました。この調査では現在発売されているものから数年以内に発売される見込みの技術や製品を使い、実証実験の結果を踏まえて現実的な範囲で検討し、経営モデルとして計37モデルが例示されています。 […]