CATEGORY

Uncategorized

重篤な疾患に対する安全で効果的な自然療法として、医療用大麻を提供するParallel社について解説

事業概要 Parallel社(旧Surterra Therapeutics社)は、医療用大麻と科学技術主導のイノベーションを通じて、人間の健康と生活の質を向上させることをミッションとする企業です。Surterra Wellness社は、2019年10月07日より企業名をParallelに変更しました。2014年にアメリカを拠点に設立され、社員数は、500〜1000人と推定されます。 てんかん、パー […]

家畜を柵で囲まない放牧をIoTで実現。労力低減と動物福祉の両立を目指す、ノルウェーの企業 Nofence を紹介します。

ノルウェーでは、森や草原で家畜を伸び伸びと放牧するスタイルの畜産がおこなわれています。しかし、家畜が放牧地の森から脱走したり、希少な植物を食べてしまったりする恐れもあります。柵を建てて囲む方法もありますが、地形が複雑で設置しにくかったり、維持に労力がかかったりするのが課題です。そこで Nofence は、柵を建てることなく家畜の行動範囲を制限する技術を実用化しました。労力低減と動物福祉を両立できる […]

ハイパースペクトルイメージングとAIを活用した魅力的なアグロノミーソリューションを提供するGamaya社について解説

事業概要 Gamaya社は、ハイパースペクトルイメージングとAIを活用した魅力的なアグロノミーソリューションを提供する農業テクノロジー企業です。2014年にスイスで設立され、従業員数は11~50人程度と推定されます。 同社は、独自のハイパースペクトルイメージングを含むリモートセンシング技術に基づいた農地のマッピングと、診断のための世界最先端のソリューションを展開しています。大規模産業や小規模農家の […]

高解像度のマップで精密農業をサポート。高度なデータ解析技術を持つドイツの企業 Geopard agriculture を紹介します。

精密農業という言葉をご存知でしょうか。圃場内の気象や作物生育状況を細かく観測し、データに基づいてきめ細やかに管理する栽培方法です。精密農業では人工衛星やセンサーを用いて膨大なデータを取得しますが、それらを人が見て分かる形に解析しなければ意味がありません。そこで Geopard agriculture は、高度な解析技術を用いて、圃場のデータをマップに表示するサービスを提供しています。視覚的な理解を […]

昆虫をモニターし、病気の制御や生物多様性を理解するのためのリモート光センシング技術を開発するFaunaPhotonics社について解説

事業概要 FaunaPhotonics社は、主に農業分野での使用を目的とした、特許出願中のリモート光センシング技術を開発しているテクノロジー企業です。作物の持続的な利用を確保するために昆虫をモニターし、病気の制御や生物の多様性を理解するのためのツールを開発しています。 2014年にデンマークを拠点に設立され、Lund University Laser Centerから光学ハードウェアのコンセプトが […]

オーストラリア全土で水の使用状況のIoTモニタリングソリューションを提供するFarmbot社について解説

事業概要 Farmbot社は水の使用状況のモニタリングソリューションを提供する、農業テクノロジー企業です。 2014年にオーストラリアのシドニーで設立され、従業員数は10名程度と推定されます。農業のIoT(Internet of Things)におけるオーストラリアの代表的なAgtech企業です。 同社は、農場内の水の生態系を監視し、水の傾向、消費量、アラートをリアルタイムで報告しています。水はす […]

【画像解析】人間の目を凌ぐ精度で圃場を観察。作物の生育や雑草の発生をAIが判定する、Cromai の技術を紹介します。

広大な圃場で作物の生育状態を観察するのは、時間も労力もかかる作業です。そこで Cromai が提供するのは、AIによる画像解析。ドローンやカメラで撮影した画像を、人間の目を凌ぐ精度で解析し、作物の健康状態、雑草の分布などをソフトウェア上で可視化します。より少ない労力で、高精度な圃場観察を可能にし、栽培の効率化に役立つでしょう。 Cromai 基本情報 住所:BR 05319-000 São Pau […]

【IoT】車載デバイスでトラクターやコンバインの作業を自動分析。農場経営の効率性・収益性を高める Climate Corporation のサービスを紹介します。

農業機械をIoT化することによって、作業の内容や効率を記録・分析できます。これにより、作業の効率化と収益性向上が期待できるでしょう。気がかりなのは初期投資ですが、Climate Corporation が提供する FieldView を使えば、既存の農機に専用デバイスを取り付けるだけで済み、約$300で農機をIoT化できます。本記事では、FieldView の機能と導入効果を紹介します。 Clim […]

データは「量」より「連携」が大切。農業のサプライチェーンマネジメントを支援する centricity のシステムを紹介します。

製品が消費者に届くまでの、モノ・お金・情報の流れを一元管理する活動が「サプライチェーンマネジメント」です。農業においても、経営改善やトレーサビリティ確保のために実施されています。 サプライチェーンマネジメントでは、他業者とのデータ連携が必要です。そのため、膨大なデータを蓄えるだけではなく、データの一貫性を保ちながら共有するシステムが欠かせません。そこで本記事で紹介する centricity は、農 […]

みつばちの巣にモニターを設置して、養蜂家の損失を防ぎ生産性を高めるApisProtectについて解説

事業概要 ApisProtectは最先端の技術を用いて、養蜂家が巣箱の損失を防ぎ、生産性を向上させることを支援する養蜂テクノロジー企業です。2013年にフィオナ・エドワード・マーフィー博士によって、ミツバチの巣におけるセンサーとネットワークの応用に関する博士課程の研究プロジェクトが開始され、そのテクノロジーを商用化しました。社員数は10名程度と推定されます。 エドワード・マーフィー博士の研究プロジ […]